アドミッションポリシー

博士課程教育リーディングプログラムに係るアドミッション・ポリシー

京都大学が実施する博士課程教育リーディングプログラムの目的に共感し、これを遂行するための基本的能力と教養、倫理性を兼ね備え、強い意欲をもって参加しようという人を求める。アドミッション・ポリシーの詳細は当該プログラムにおいて定める。

充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラムのアドミッション・ポリシー

 医工連携ということが重要であると言われて久しい。しかし、言葉そのものの意味するところは、医学研究者と工学研究者が協力し合い、あたらしい医療機器なり、医療方法を開発するというところにあり、すでにある研究成果や問題点を協力して解決していくということであった。 
 歴史をたどると、脳動脈瘤手術で根治療法となるネッククリップができない場合、手が着けようのないものを動脈瘤の上から接着剤で出血しないようにするという発想を脳外科から持ち、工学と共同してビオボンドという、湿気のある組織でも接着能力のある特殊な接着剤を考案して、脳動脈瘤の手術の幅を広げることに成功している。以前は、工学研究に人体の標本などを持ち込むことは無謀に近い話しであったようであるが、現在では、当然と思われているこのような研究成果も先人の多くの努力によるもので、しかも、研究組織をまたいでの研究という点で重要なものである。 
 本プログラムでは、このような研究領域を超えた研究を行うだけではなく、互いに専門とする研究領域を持ち、それをもとに新しい発想をするのではなく、「医学研究環境の中で工学を学ぶ」というさらに一歩踏み込んだ発想で、工学系の大学院生の研究の場を医学研究科の中におき、医学研究そのものを行うのではなく、工学的見地から見て新しく医学へ貢献するところがないかを研究する目的意識を持ち、工学の基礎研究のトレーニングを受けつつ、医学の基礎から臨床、介護までを学び、医学・工学の垣根を越えた新しい研究領域を開拓していくことを目的としている。 
 特に、高齢化が顕著に進んでいる日本で、高齢者医療・介護は長い健康長寿を達成するには必須の条件の一つであるが、単に、病院で行う医療だけではなく、一般家庭にもっとも近い掛かり付け医への支援、長期療養施設のあり方など、医療設備の刷新とともに、工学的手法をもとにして高齢化した社会を支えるためのさまざまな工夫を社会に向かって積極的に発信できる人材を育成して、新しい医工連携の姿が社会に有効に機能できることを示すことを、もう一つの大きな目的としている。 
 このような新しい考え方をもとに、今回のプロジェクトがスタートし、医学研究科が中心となって、工学研究科や再生医科学研究所のスタッフが協力した体制を作り、上記の目的を達成すべくカリキュラムを工夫している。これまでの大学院と異なりリーディング大学院では社会との接点を重視した人材育成を目的としているので、広く英語による討論・ディベートによる自分の意思の発信能力の養成と、社会を医療の観点から俯瞰する医療経済学など、医工連携だけにとどまらない広い世界的視野に立った人材育成を目指している点で、これからの高齢社会へ資する人材の育成に役立つと信ずるものである。