◆平成30年度 修士課程・博士課程(4年制)対象 選抜試験

1. 出願手続

募集要項に従い、所定の封筒に必要書類を入れ、健康長寿社会の総合医療開発ユニット事務室(LIMS事務室)へ書留速達郵便、もしくは持参にて提出してください。

⇒ 提出先:「出願書類提出先」をご参照ください。

受付期間:平成29年11月30日(木)~ 12月4日(月)午後5時 必着

出願者は全員(帰国子女を含む)志望の研究科に合格後、「数学」科目試験の前日までに英語 debateを必ず受講しておいてください。

⇒ 英語 debateに関する情報

2. 選抜試験

英語共通試験(TOEFL/TOEIC/IELTS)

出願者は、平成27年7月1日以降に受験したTOEFL[iBT/ITP]、TOEIC、IELTSの成績(証明書)を、12月15日(金)午後5時までにLIMS事務室に提出してください[12月16日(土)数学試験開始前に会場での提出も可能]。すでに京都大学大学院入学試験出願のため、受験先研究科の事務へ原本を提出している場合、またはTOEFL[ITP]による受験をした場合は、その成績を利用することができますので、合格研究科に成績の提供を依頼する書類を提出してください。(LIMS事務室にその旨申し出て所定用紙を受領してください。)提出された成績は、所定の換算表を用いて換算します。
<海外帰国子女の応募について>

海外で長らく英語による学業に就き、英語を用いた学修・研究に関し既に高い能力を持つ出願者については、新たにTOEFL/TOEIC/IELTSを受験する労を免じ、英語能力の判定を行う可能性があります。 該当する出願者は、12月5日(火)午後5時までに下記書類をLIMS事務室に提出してください:

      • ・海外の英語を主体に教育を行う機関(主に日本の中学・高校・大学学部相当)の在籍もしくは修了(予定)証明書
      • ・同機関での成績証明書

これらに基づいて、TOEFL/TOEIC/IELTS受験を免除するかどうかを判断します。これら書類の提出が難しい場合は、その旨連絡してください。

英語 debateを他の出願者と同様に、所定期間内に受講してください。

数学

12月16日(土)に全学共通科目レベルの筆記試験を英語により実施します。解答は、日本語または英語のいずれでもかまいません。(場所・時間等詳細は、別途各自へ通知します。)

AO選抜

英語共通試験および数学について所定の基準に達し、選抜された出願者に対し、平成30年1月10日(水) - 1月11日(木)に実施します。1月10日午前中に筆記試験を実施し、10日午後と11日には口頭試問を実施、2名の教員が評価を行います。(場所、時間各詳細は別途通知します。)

海外在住者(留学生)の選抜について

海外在住者(留学生)で、申請時に所属している大学の学長 あるいは 学部長の推薦を得ることのできる者について、下記 A. あるいは B. の方法にて選抜試験を実施します。該当者はLIMS事務室までe-mailにて連絡してください。選抜方法の決定、詳細については別途各自へ通知します。

A. 数学レポート(12月11日(月)課題提示) および オンラインAO選抜
B. 現地選抜(数学筆記試験、面接) および オンラインAO選抜

(現地選抜を実施する国・地域については、事務室へ確認してください。)

合格発表

・科目審査通知:12月26日(火)
・最終合否通知:2018年3月頃

出願書類提出先・問い合わせ先

<提出先>

〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内先端科学研究棟4階402号室
京都大学学際融合教育研究推進センター
健康長寿社会の総合医療開発ユニット事務室(LIMS事務室)

⇒ LIMS事務室の所在:地図

<問い合わせ先>

*これまでに寄せられた選抜試験に関するご質問および回答は、FAQの「応募・選抜試験に関して」にまとめておりますのでご参照ください。

TEL:075-753-9334

⇒ Webからのお問い合わせ:問い合わせ先